妊婦体重管理と注意するべき食べ物

妊婦さんの体重管理の大切なポイント

 

妊娠中は羊水や胎児の重さなどにより体重が徐々に増えるのは当たり前のことです。しかししっかり栄養を摂るつもりが食べすぎになり、体重が増えてしまう場合もありますよね。そこで妊婦さんの体重管理の大切なポイントについてご紹介しましょう。

 

太りすぎると危険

ズボンが入らない女性妊娠すると体には皮下脂肪も付きやすくなるため、太りやすい状態になっています。また出産や授乳のために母体はエネルギーを備蓄する為に、血液の量も増えていきます。妊娠期間中は太りやすいので、今まで同じ量の食事を摂っていてもすぐに体重に影響してしまう為、体重管理を大変厳しく指導する医療機関もなかにはありますよね。太りすぎると妊娠中毒症のリスクが高くなります。

 

胎盤の機能が衰えて胎児十分な栄養や酸素が送られなくなってしまうため、未熟児や早産の可能性も増えてしまうのです。また太りすぎは妊娠糖尿病のリスクが高くなる原因で、赤ちゃんにも脂肪がつきすぎると、自然分娩ができなくなり帝王切開で出産をすることにもなりかねません。

 

体重管理のポイント

妊娠中の体重管理は決して楽ではありませんよね。妊娠後期になるといままで以上に太るスピードが速くなる方も多いのではないでしょうか。

体重の増加は1週間に500gが理想といわれています。

もし500g以上増えてしまった場合には次の週で体重の調整をするように心がけましょう。

 

妊娠中には太りやすい時期があり、ちょっと油断をするとあっという間に体重増加する場合があります。

 

つわりがおさまった時やお正月やクリスマスなどの食べ過ぎの季節、または出産間近で体が動きにくい時期などがあります。
このような時期は特に食べ物にも注意して、特に主食となる炭水化物や脂質、糖質の摂取に注意をしましょう。

 

無理な体重管理はしないこと

妊娠中の体重増加はあまり敏感になりすぎるとストレスになってしまいます。また無理なダイエットは胎児に影響してしまいますので、上手に体重管理をしながら調節する事が必要です。体重はなるべく毎日同じ時間に測定しましょう。

 

また毎日食べ物はできるだけ記録しておくと体重も管理しやすくなります。
ちょっと体重の増えすぎが気になる時は散歩をして気分転換したり、塩分を控えた食事が必要ですね。

 

 

 

昔は赤ちゃんの分まで食べなさい、とよく言われてましたが、現在は妊婦さんの太りすぎは様々な合併症を招く為に注意しないといけません。妊娠中は胎児の発育の為に栄養が必要になりますが、カロリーだけを見ると今までよりも一日あたり約350kcal、ご飯1膳半程度の量しか増やせない計算になります。




妊娠中に注意したい食べ物は何?

 

妊娠中の食生活は母体の健康とともに胎児の成長の為にもとても大切です。またつわりの時期もある為に、栄養バランスが崩れやすいため、食べ物には十分注意をしないといけません。早速ですが、妊娠中になるべく気をつけたい食べ物についてご紹介しましょう。

 

カフェインとアルコール

コーヒーカフェインの多い飲み物としてまず思い浮かぶのかコーヒーですよね。毎日習慣として飲んで入る方も沢山いると思いますが、カフェインの過剰摂取は血管を収縮したり、脳が興奮状態になり睡眠が取れなくなる原因となります。しかし妊婦さんのなかにはコーヒーでリラックスしたいという人もいることでしょう。妊娠中はコーヒーの量はなるべく控えて1日1杯を限度にしましょう。

た炭酸飲料もカフェインが含まれていますので同様に注意してくださいね。

妊娠中のアルコールですが、飲みすぎは胎児の発育障害や精神発達障害がでるリスクが高くなりますので、なるべく飲まないほうがよいでしょう。多少の飲酒は大丈夫とも言われていますが妊娠中は体質も変化していますので、なるべく避けたいですね。

 

添加物の多い食品

忙しい時にとても便利なインスタント食品ですが、保存料や着色料などの保存料が多く使用されています。カップラーメンなどには脂質も多いため食べすぎは肥満になる原因ですし、添加物は胎児にも悪影響となります。また塩分も多いため体がむくみやすくなります。妊娠後期になると、妊娠高血圧症候群になりやすくなるため塩分や添加物の多い食品はなるべく食べる量を控えたほうがよいでしょう。妊娠中は食べ物の嗜好が変わりやすく、インスタント食品がどうしても食べたくなる時期もあるかと思います。食べ過ぎに注意して、栄養バランスをとるように心がけてくださいね。

 

マグロ
マグロや赤魚には水銀量が多いため、妊娠中はまったく食べてはいけないものではありませんが、なるべく量を注意したい食べ物の一つです。

お寿司がどうしても食べたくなる妊婦さんも多いと思いますが、なるべく控えたいマグロの握り寿司は1週間で5貫程度にしておきたいですね。
毎日続けて食べると水銀の摂取量が増えてしまうため胎児に影響がでてしまいます。
魚はイワシやサンマ、サケ、カツオなどはお寿司のネタのなかでも比較的安心して食べられます。

しかし注意したいことは魚類だけでなく、肉類も生で食べることは体に有害になるバクテリアが含まれている可能性がありますので、食中毒の心配にも気をつけないといけません。肉類や魚類はなるべく加熱した状態で食べましょう。

 

 



妊婦の体重管理と食べ物に注意したい点記事一覧

本サイトは、葉酸についての記事やサイトを閲覧し、その情報をまとめたものになります。サイトの情報は管理者の主張や所感を含めております。こちらに掲載されている情報について人生のお役に立てれば幸いです。ただし、情報を利用することで問題が生じても、サイト管理者は一切責任を負いかねますのでよろしくお願いいたします。サイト管理者:さくらちょtお