葉酸人気の理由

妊活に葉酸が人気がある理由について

最近では女性の社会進出も大変話題になりますが、ストレスの多い生活の中で不妊で悩む方も増えています。妊活中の女性には葉酸がとても効果があると言われていますが、その理由は一体何故でしょうか。葉酸と妊活の関係を探ってみましょう。

 

卵子と精子の活動を活発にする

 

 

葉酸は細胞の分裂を活発にする働きがありますので、正常に卵子と精子が細胞分裂を行うために葉酸が大きく関係しているといわれています。細胞分裂が正しく行われると、卵子と精子の受精率が高くなるメリットがありますので、妊娠しやすい環境になるのです。

 

また正常に細胞分裂が行われることで、染色体異常によるダウン症を予防する働きもありますので、妊活中は妊娠しやすく、健康な赤ちゃんに育つ為の準備として葉酸が必要なのです。


 

他にも葉酸は子宮内膜を厚くする効果がありますので、着床しやすくなり、さらに受精卵が定着しやすい環境づくりにも効果があります。
妊娠するまでには受精されてから着床までの長い道のりがありますので、妊娠しやすい環境を作ることは大切です。

 

胎児の成長を助ける効果

胎児

妊活中に葉酸を摂取しておけば、子宮内の状態も安定して胎児が発育しやすい環境になっています。

葉酸は血液の流れを活発にしますので、子宮内も同様に血流が大変良くなります。

 

そのため胎児の成長がサポートされますので、妊娠初期には特に葉酸の働きが欠かせませんね。
妊娠初期の2ヶ月目ぐらいの時期は、お腹のなかの胎児は脳や脊髄など、体のなかでも特に大切な部分が育つ重要な時期なのです。

 

そのため妊活中に葉酸を十分に摂取しておけば、胎児の発育も安心なのです。葉酸不足が原因による、妊娠初期による流産の可能性が高くなりますので、母子ともに体の安全の為にも葉酸は妊活中から摂取するように心がけましょう。妊娠はいつ発覚するかわかりません。早めに準備することも大切ですね。



夫婦で摂取するメリットとは

妊活中は女性だけが葉酸を摂るのではなく、男性にも実はとても必要な栄養素なのです。卵子と精子の細胞分裂を正常を行う為には、男女とも葉酸を摂取して妊娠しやすい細胞作りを心がけましょう。

 

妊活中に必要な葉酸の量は1日で400μgといわれています。食べ物から摂るのは難しいのですが、なるべく葉酸が多いほうれん草、海草などを心がけて夫婦ともに食べるとよいでしょう。もしくは葉酸サプリも大変手軽で便利ですよね

 

。毎日忙しい方にも確実に葉酸が摂取できますので、妊活中にもオススメです。健康な赤ちゃんを出産するためには、妊娠が発覚してからではなく、妊活中から健康的な妊娠期間を過ごせるように意識してみましょう。