高齢出産ほど葉酸が必要

高齢出産で注意したいポイントについて

女性の体は年齢によりホルモンの働きが衰えてしまう為に、加齢により妊娠の可能性が低くなってきます。
35歳を過ぎると妊娠には色々なリスクが高かまるといわれていますが、どのような点を注意したらよいのでしょうか。

 

妊娠中の病気について 

高齢出産で注意するポイントについて理解しよう
35歳以上になると若い20代にくらべると、妊娠しずらくなります。また高齢出産は母体に負担がかかるだけでなく、胎児にも影響しますので妊娠期間中は注意をして過ごさないといけません。妊娠高血圧症や糖尿病になるリスクも高くなりますので、食生活や運動にも注意をしないといけません。体にひんぱんにむくみが出るような場合は担当医に相談してみましょう。

 

また年齢により産道が固いなどの原因で帝王切開になる場合も多く、産後の子宮の回復にも時間がかかります。
このように高齢出産は、若い時とは異なりあらゆる面で注意したいことがありますが、決して出産ができないことではありません。注意をしてさらに健康管理に敏感になることが大切です。

 

 

流産のリスクが高くなる

 

高齢出産になると胎児の染色体異常がおきるリスクが高くなります。それは加齢により卵子が老化してしまうため、細胞の働きが十分でないことも考えられます。高齢出産の場合は、医療機関で出生前診断を推奨していますので、不安な方は胎児のダウン症検査を行うとよいでしょう。

 

しかし検査も羊水を採取するために流産する危険もあります。医師とよく相談をして決めてくださいね。

 

また高齢出産は20代の頃に比べると流産する確立が増えてしまいます。
20代で10%程度の流産の割合が30代になると15%から18%にも上がるために、出産のリスクについてはよく理解しておきたいですね。
近年仕事をする女性が多いため、晩婚になり高齢出産も大変増えています。

 

高齢出産には葉酸が大切な栄養素

 

妊婦さんに欠かせない葉酸ですが、高齢で妊娠した女性にももちろん大切な栄養素です。
葉酸を十分に摂取しておけばダウン症の予防ができますし、葉酸は細胞の分裂をサポートする働きがありますので、高齢出産をする方ほど葉酸は欠かせない栄養素なのです。

 

 

 

また妊娠前から男性も一緒に葉酸を摂取をしていれば、精子の染色体異常を予防することができますので、健康な妊娠につながります。30代になったら食生活でも葉酸の多い食べ物を意識してみましょう。また葉酸サプリも手軽で大変効果的に摂取できる方法です。


妊娠を計画はじめた頃から葉酸は注意して摂るように心がけましょう。高齢出産は、子宮がんのリスクが減るメリットなどもありますので、決してデメリットだけではありません。



妊婦さんにオススメ!葉酸たっぷりの食材を使った人気レシピ!

妊婦さんに大切な葉酸はサプリで摂るとても手間がなく、しかも必要量をしっかり摂取できるメリットがあります。しかし食生活でも心がけて葉酸を取ることも大切です。簡単に作れる葉酸たっぷりのレシピを早速ご紹介しましょう。

 

焼き海苔とかいわれ大根のサラダ

焼き海苔にはご存知のように葉酸が豊富に含まれています。焼き海苔といえば海苔巻きやおにぎりぐらいしか思いつかない方も多いではないでしょうか。そこでご飯のおかずになる簡単な一品料理を早速作ってみましょう。まず焼き海苔を食べやすい大きさにカットします。かいわれ大根は水でよく洗い、ごま油と醤油で材料をすべてさっとあわせましょう。

 

仕上がりにかつおぶしでトッピングして食べるときに良く混ぜてお召し上がりください。ごま油はビタミンEが豊富に配合されていますので、抗酸化作用もありお肌の老化防止にも効果があります。また善玉コレステロールを含んでいますので、血液の流れをさらさらにするメリットもあります。ぜひ試してくださいね。

 

葉酸たっぷり丼

使用する材料はアボカドと納豆、めかぶです。

  1. それぞれの材料は同量で用意しましょう。
  2. アボカドは食べやすい一口サイズにカットしておきます。
  3. 納豆とめかぶは味を薄めに味をつけておきます。
  4. 丼にごはんを入れてそれぞれの材料を均等にご飯の上にのせて出来上がりです。

醤油やわさびで味を調節してくださいね。

 

 

 

アボカドは葉酸がたっぷりの食材の一つです。女性に人気があり、ビタミンEが豊富なので、美肌効果も高く妊娠中の肌のトラブルも改善できます。まためかぶもミネラルが豊富ですから、葉酸の吸収をサポートするために効果がありますよ。

 

納豆は大豆成分のイソフラボンにより女性ホルモンが安定する効果があります。どれにも妊婦さんには大変メリットの多い栄養分がありますのでぜひオススメです。


 

野菜スープ

野菜スープ

葉酸が含まれている食材は野菜や果物などが多いのですが、食べ物は熱や水に弱いためにサプリメントのように摂取できないことがデメリットです。

そこで野菜を食べるときのポイントがスープにする点なのです。
葉酸が多いものはホウレンソウ、ブロッコリ、トマトなどがあります。

 

野菜は切ってから水洗いするとビタミンCも水に溶け出してしまいますので、なるべくカットする前に水洗いしておきましょう。

お好みの野菜は食べやすい大きさにカットしてコンソメスープで味を調えてスープの出来上がりです。

 

スープは体を温める効果もありますので、寒い日にオススメのメニューですし、葉酸もスープに溶け出している状態ですから無駄なくしっかり体内で吸収できますよ。