妊娠中の風邪への対策

妊娠中に風邪をひいた時の対処方法について

妊娠中は風邪を引きやすいとも言われていますが、市販の風邪薬は母体と胎児に負担になる為に簡単には飲めないですよね。妊婦さんが風邪をひいてしまった時はどのような対処方法があるのでしょうか。ぜひ参考にしてください。

 

風邪をひいたら赤ちゃんに影響するの?

 

風邪をひいた時に心配になるのがお腹の赤ちゃんです。高熱が出てしまうと羊水の温度が上がるために胎児に影響がでてしまいます。

 

一般的には熱が38度ぐらいまでの場合は胎児には影響はないといわれています。しかし妊娠中の体は妊娠前と比べると大変敏感になっているため、体調が急変してしまうこともあります。心配な場合は担当医師に相談してみましょう。

 

 

 

医療機関で処方される風邪薬に関しては、全く問題ありませんので、早期解決する為に一番安心な方法です。
くれぐれも家にある風邪薬や市販の薬を飲まないように注意してください。
妊娠中は本人の体調管理が一番大切なため、少しでも異変を感じたらすぐに相談しましょう。


 

咳が止まらない時はどうする?

妊娠中の風邪対策として取り入れるとよい栄養素風邪の症状の一つ咳は、一度始まるとなかなか止まらなく、とても辛いですよね。咳をしたりくしゃみをすると、お腹に力が入ってしまうため、妊娠初期は特に注意が必要です。

 

また咳が続くと妊娠後期の場合は子宮口が開いてしまう可能性もあり、大変危険な状況になってしまいます。

 

そこで風邪の症状の咳が続く場合はうがいをこまめにして、ハチミツなどで喉の粘膜をケアしましょう。また室内の空気が乾燥しないように加湿器を使ったり、濡れた洗濯物を室内に干すなど、咳が悪化しないように工夫をしてください。一般的な咳止めの薬は胃腸にも刺激が強いため、妊婦さんの咳が止まらない場合は必ず医療機関で診察してもらいましょう。

 

風邪予防をすること

 

親子
妊娠期間中には必ず風邪のシーズンを迎えます。インフルエンザは毎年11月ごろから春先まで流行シーズンがありますので、妊婦さんも予防対策をしっかり行わないといけません。

 

 

インフルエンザワクチンの摂取は妊婦さんでも可能ですが、必ず担当医を相談をしてくださいね。
またワクチン摂取以外でも、毎日の生活で予防対策をすることも忘れてはいけません。

 

外出先からもどったら必ず手洗いとうがいをすること、睡眠を十分にとり栄養
バランスを整えて抵抗力のある体に保ちましょう。また風邪は家族からうつってしまう場合もありますので、インフルエンザ予防接種は必ず家族全員が受けるようにしてください。



妊婦さんの睡眠不足を解消するオススメの方法

妊婦さんはお腹が大きくなるほど体のバランスも悪くなり、睡眠にも影響が出てきます。自由に寝返りを打てないなど、快適な睡眠をとりずらくなる妊婦さんにはオススメの快眠方法があります。早速ご紹介したいと思います。

 

時期によって睡眠パターンが変化する

妊娠中の風邪対策として取り入れるとよい栄養素
妊娠初期はホルモンの変化により、いつもなんとなく眠い状態が続きます。妊娠5ヶ月を過ぎると睡眠の量は徐々に通常のパターンに戻り、比較的規則正しいリズムで睡眠をとる事ができます。妊娠後期なるとお腹が大きくなり寝苦しくなったり、トイレが近くなったりするために、夜中に何度も目を覚ましてしまいます。

 

また赤ちゃんの胎動により目を覚ますこともありますので、睡眠不足になる妊婦さんは大変多いですね。特に妊娠後期になるとホルモンのエストロゲンの分泌量が増える為に、睡眠が抑制されてしまうことが原因になっています。また出産や育児に対する不安により、ストレスがたまり不眠になる妊婦さんも決して少なくはありません。

 

質の良い睡眠をとるための工夫

薬剤師

妊婦さんはお腹が大きくなるにつれて、体も疲れやすくなってしまいます。そのため質の良い睡眠をとる事はとても大切なため、不眠が続く場合はすぐに解消しないといけません。

 

そこでオススメの方法はぬるめのお風呂に入り、体の血行を改善することです。

 

私たちの体は体温が上昇して元の体温に下がるときに眠くなる特徴がありますので、入浴後1時間半後ぐらいが一番眠りやすい時間帯です。また温かい飲み物を飲んで体を温めるなど、リラックスした状態にすることがポイントです。

 

またスマホの明るい画面を寝る直前まで見ているのは、脳に刺激を与える原因になりますので、眠りについてもすぐに目が覚めてしまう原因です。テレビも同様なので、就寝1時間前ぐらいになったら部屋の電気を暗くしておくとよいでしょう。

 

 

睡眠不足を解消するポイント

睡眠

妊婦さんにとって睡眠不足はとても一般的な悩みの一つです。そこで少しでも快適に睡眠がとれるようにするために、寝るときのポーズにも工夫をしてみましょう。妊娠後期になると子宮が大きくなり仰向けで寝るのはとても苦しいですよね。
そこで寝るときは横向きになり左側を下にするように寝てみましょう。

 

足は膝を曲げた状態は腰の負担を減らすために眠り安くなります。寝ている間は血液の循環をスムーズにすることが快眠に必要になりますので、子宮の重さで血流を圧迫しないように横向きになったほうが安心です。足の間にクッションを挟んで寝たり、自分で一番心地のよいポーズで工夫してみましょう。睡眠不足が続くときはまずはリラックスすることが大切です。