葉酸効果って本当なのかな

話題の葉酸効果サプリメント!気になる効能について

私たちの生活の中でとても大切な存在になっているサプリメント。

 

近年では日常的にサプリメントを飲んでいる人も大変増えています。サプリメントといってもその種類は大変多く、それぞれの目的によって異なる効果や効能がありますので、自分にあったサプリメントを選ぶ事が大切です。妊婦さんに必要な栄養分のなかのひとつに「葉酸」がありますが、サプリメントで摂取するメリットやその必要性など、話題の葉酸サプリメントについて早速詳しい情報を提供したいと思います。

 

 

なぜ妊婦さんに葉酸が必要なの

話題の葉酸効果が本当なら赤ちゃんには良い物食べさせて
妊婦さんが葉酸サプリメントを飲んだほうが良い理由の一つとして、お腹の赤ちゃんが正常に成長するためや、先天性異常の確立を下げる効果があるといわれています。妊娠中の体内では細胞分裂が活発になっている為に葉酸の消費量は妊娠前の体に比べると2倍以上も消費されています。

 

そのため、不足する葉酸を補給するためにサプリメントが大変人気になっているのです。葉酸が不足すると細胞分裂が正常に行われない為に、お腹の赤ちゃんの成長にはとても大切な栄養分となっています。厚生労働省でも葉酸の摂取が推奨されていますので、妊娠中の方は特に心がけて葉酸を摂りましょう。

 

 

葉酸の効果と効能について

 

葉酸サプリメントは決して妊婦さんだけが必要なものではありません。
そもそも葉酸にはビタミンB群のひとつで、体の細胞を作る為に必要不可欠な大切な栄養素になっています。

 

女性に多く見られる貧血も、葉酸を摂取することで赤血球の強大化を防ぐため、悪性貧血の予防になるほか新しい赤血球を作りだすときにも葉酸が必要になります。また葉酸はたんぱく質やDNAの生成に関係している大切な栄養素なので、不足しまうと遺伝子情報が正しく伝わらない原因にもなります。

細胞分裂が頻繁に行われる口や胃のなかの粘膜にも葉酸は欠かせないのです。

 

葉酸は食べものから取りにくい

話題の葉酸効果が本当なら赤ちゃんには良い物食べさせて
葉酸は食べ物にも含まれていますが、熱や水に溶けやすいという特徴があり、たとえ葉酸が多く含まれた食べ物からでも体内では半分しか吸収されないというデメリットがあります。

 

妊婦さんのように毎日一定量を摂取したほうがよい場合には、食べ物よりもサプリメントのほうがバランスよく、しかも手軽ですよね。食べ物の場合、葉酸が多く含まれているほうれん草で約4束分ほどが妊婦さんに必要といわれています。

 

葉酸サプリメントには色々な効果がありますので、自分の目的に合わせて満足できるサプリメントを選びましょう。

妊婦さんに葉酸がいいのは何故?

妊婦さんには葉酸が必要だと言われていますが、その理由は一体何故だかご存知ですか?
葉酸は胎児の発育に欠かせない大事な栄養素になっています。
そこで早速ですが、妊婦さんと葉酸の関係についてご紹介したいと思います。

 

 

妊娠初期の必要性

妊婦さんの体は細胞分裂が盛んに行われているため、葉酸の消費量が大変多いことが特徴になっています。
葉酸はビタミンB群のひとつで、細胞の形成にとても大切です。

 

 

 

特に妊娠初期の頃は、赤ちゃんが生まれた時の神経管閉鎖障害のリスクを70%も減少させる効果があり、同様に自閉症になるリスクも減るといわれています。

 

葉酸はDNAの合成に必要な成分ですから、特に妊娠初期の頃には欠かせない大切な栄養素、妊娠初期に不足してしまうと、流産する可能性も高まるといわれていますので、妊娠が判明したらすぐに葉酸の摂取を心がけたほうが赤ちゃんと母体の健康にも効果的になるのです。


 

妊娠中期の必要性

妊娠中期になるとお腹も徐々に目立ち、胎児の発育も活発になります。

 

妊娠中期に葉酸が必要になる理由としては、血液中のホモシステインを抑えるため、流産のリスクを減少させる効果があります。

またこの時期になると早産の恐れもでてきますので、葉酸を摂取していれば早産予防にもなります。

 

また妊娠中の妊婦高血圧症群予防や貧血予防になりますので、妊婦さんは葉酸を上手に毎日摂取しないといけません。
葉酸は赤血球を生成するために必要な栄養素のため、胎児が発育すると共に、さらに葉酸は欠かせない栄養素となります。

 

妊娠前は貧血になったことがない人でも、妊娠中に貧血を起こす可能性も高くなります。母体の健康のためにも葉酸は積極的に摂取したいですね。

 

妊娠後期の必要性

 

安定期に入る妊娠後期。この時期にも葉酸は妊婦さんにとって必要な栄養素です。
妊娠後期は貧血予防、消化機能を向上させる効果などがありますので、安産に向けた体作りとしても大切ですね。

 

また免疫機能を強化する目的もありますので、生まれた赤ちゃんがお母さんの強い免疫を持って生まれてくるためにも葉酸は必要なのです。

 

妊娠全期間を通して大切な葉酸。量的には妊娠初期に多く取ると良いといわれていますが、元気な赤ちゃんをと思うなら、飲み続けたほうが良いみたいです。

 

妊娠後期になると初期の頃よりも葉酸の必要摂取量は半分以下ほどに減らしても大丈夫なので、食生活でも注意をして体の健康を管理をしましょう。

妊婦さんには栄養バランスがとれた葉酸サプリメントが人気がありますので、ぜひ参考にしてみましょう。



筆者のお勉強情報

頑張って読んだ文献の感想を記載します。
※読解力に間違いがあればご容赦ください。

 

文献名1)

Olive Oil, Sunflower Oil or no Oil for Baby Dry Skin or Massage:
A Pilot, Assessor-blinded, Randomized Controlled Trial (the Oil in
Baby SkincaRE [OBSeRvE] Study)
※オリーブオイルとヒマワリ種子油比較

 

所感

赤ちゃんの乾燥肌を改善するための試験。ヒマワリ種子油が効果的であるとの仮説のもとにオリーブオイルと比較したが、結論としてはどちらも効果がなかったもよう。

 

脂肪酸の組成。C+数字は炭素鎖の長さ、コロンの後ろは不飽和度。
オリーブオイルはオレイン酸リッチ、ヒマワリ種子油はリノール酸リッチ。組成の違いで影響が変わると筆者らは考えたみたいです。そして、オリーブオイルもヒマワリ種子油もアトピー性疾患を抑える効果はなかった。実験結果。何も塗らない方が良好な結果を示した。また、有意差は無いもののどちらの油も副作用を示したようです。

 

 

文献名2)

Postnatal Fish Oil Supplementation in High-Risk Infants to
Prevent Allergy: Randomized Controlled Trial
※オメガ3脂肪酸サプリ乳児

 

所感

アレルギーやアトピーになりやすい体質の乳幼児に対してオメガ3脂肪酸のサプリを与えてみた。(比較対象:オリーブオイル)
オメガ3脂肪酸の血中濃度自体は増加したが、アレルギーを改善するような期待していた効果はなかったもよう。

 

文献名3)

Effect of vitamin B-12 and n-3 polyunsaturated fatty
acids on plasma homocysteine, ferritin, C-reactive
protein, and other cardiovascular risk factors: a
randomized controlled trial
※VB12&n-3脂肪酸相乗効果

 

所感

VB12とn-3脂肪酸を両方摂取することで効果的に血中ホモシステイン濃度が減少。フェリチン濃度を上昇、C結合蛋白濃度を減少させた。
試験系ではVC12を1000マイクロg、フィッシュオイル2g(DHA490mg、EPA98mg)を8週間摂取。

 

 

文献名4)

Human placental transcriptome shows sexually
dimorphic gene expression and responsiveness to
maternal dietary n-3 long-chain polyunsaturated
fatty acid intervention during pregnancy
※3脂肪酸胎盤発現

 

所感

胎盤の遺伝子発現にはn3脂肪酸が大きく関わっていることがわかった。

 

 

文献名5)

Randomized controlled trial of maternal omega-3 long-chain PUFA
supplementation during pregnancy and early childhood development
of attention, working memory, and inhibitory control1
※n3脂肪酸最終

 

所感

子どもの記憶力の観点から妊娠期間中のn3脂肪酸摂取評価。
海馬の成長にはDHAが必要であることから、妊娠期間中にDHAを多く摂取することで胎児の海馬が発達するのではないかと著者は考えた。

 

臍帯のDHA濃度はDHA摂取群で有意に増加していた。今回の試験方法が適切ではなかった可能性を否定できない。
従来の研究報告と同様に今回の結果でも相関を見いだせなかった。

更新履歴